【機体解説】
アースクライン・バイオメカニクスが全地形適応を目指して開発した“汎用型ヘキサギア”。
しかしこの機体の多くは、軍産複合体MSGが擁する最大の軍事機関「ヴァリアントフォース」に運用されており、それらは人工知能SANATの支配下にある。

戦闘時には格闘形態「ゾアテックスモード」へと駆動系をコンバートする。
メインウェポンは2門の強力な「プラズマキャノン」だが、その他にも遠近両方に対応するべく兵装を数多く備えており、現在も多くのガバナーが搭乗を希望する万能機である。
脚部に高コストなフレームを使用しているが、性能とコストのバランスが最も整った機体の一つと言われている。

【搭載武器】
■プラズマキャノン ■テイルブレード ■グラップルカッター ■オートマチックグレネードランチャー ■ヘッドブレード ■アンクルブレード

【詳細画像】