Loading...
DataAccess ...

PRODUCT 製品情報

SHARE

ガバナー アーマータイプ:ポーンX1

SPEC

発売時期
2022年06月
スケール
1/24
製品サイズ
全高 約80mm
価格
2,750円(税込)
パーツ数
51~200
素材
PS・ABS・POM・PVC(非フタル酸)
設計
毛利重夫

製品説明

Combat preparation complete. Start your engines.

機体解説

「アーマータイプ:ポーンX1」は「ポーンA1」のBMI機能の強化を図った派生機である。
アーマータイプ各種においてはすでに標準装備となっているBMIであるが、思考操作式ターボプロテクター「ウォーメイジ」が使用していたものに比べ「ポーンA1」や「ナイト」などに採用されたそれはシステム自体が良く言えば最適化、悪く言えば簡略化されたものとなっていた。これは着用者の負担を大きく減じる事に成功した反面、熟練者にとっては不満の残るものでもあった。 ポーンX1では各ガバナー、KARMA、ヘキサギアの個性に応じてより細かな設定が行えるよう再設計されたシステムが搭載されており、それぞれの結びつきをより強化させるという意図が見て取れる。
ガバナーとKARMAのより深い同調を図る方向性へと進化したBMIを搭載したポーンX1だったがハードウェアとしての性能はポーンA1と大きな開きは無く、人工筋肉が僅かに強化されたことに加えて上半身を中心に増加装甲を纏っている程度に抑えられている。

人機一体となって戦うゾアテックスとガバナーの戦いはより一層激しさを増していく。際限なく獰猛になっていく獣性。しかし機体の戦闘能力が向上してもそれを十全に扱えるガバナーが居なければ意味が無い。ガバナーは戦いという目的の為に先鋭化していくヘキサギアに対応するために、今度は自分達を強化する必要があった。そうしてアーマータイプの体系は細分化され、ヘヴィアーマータイプやエクスアーマータイプなど多くの機能特化型を産み出していく。
生きるために、戦うために、自らを進化させてゆく人類の欲望は果てしない。しかしその欲望はこの世界を取り戻すために必要なものだ。

だが人類は出会う。自己進化の果てにある者に……
戦場で相まみえるのは機械仕掛けの獣だけではなかった。

搭載武器

  • 専用武器は存在せず

商品仕様

  • 本製品はアーマータイプ:ポーンA1 Ver.1.5のバリエーションキットです。
    頭部、胸部増加装甲、肩部装甲、大腿部外側、大型コンバットナイフが新規造形となっています。
  • 左大腿部に装備する大型のコンバットナイフはナイフシースから取り外して手に持たせることができます。
  • オプションパーツとしてアーリーガバナーVol.1に付属したアサルトライフルやナイフなどが付属します。※オプションパーツはお好みでご使用下さい。

付属品

  • ポーンX1本体×1
  • 手首パーツ(握り、平手、武器持ち手)各左右分
  • 大型コンバットナイフ1セット
  • アサルトライフル×1
  • ブルパップライフル×1
  • サブマシンガン×1
  • ハンドガン×1
  • ホルスター(ハンドガン収納時用)×1
  • ホルスター(ハンドガン使用時用)×1
  • コンバットナイフ×1
  • ナイフシース(コンバットナイフ納時用)×1
  • ナイフシース(コンバットナイフ使用時用)×1
  • PVC製ヘキサグラム×1

※画像は試作品です。実際の商品とは多少異なる場合がございます。また撮影用に塗装されております。

KOTOBUKIUYA ONLINE SHOP
PRODUCT一覧へ戻る