Loading...
DataAccess ...

PRODUCT 製品情報

SHARE

ガバナー クイーンズガード

SPEC

発売時期
2022年04月
スケール
1/24
製品サイズ
全高 約78mm(本体)、全高 約277mm(クリミナルバスター)
価格
3,850円(税込)
パーツ数
51~200
素材
PS・ABS・PVC(非フタル酸)
設計
KOTOBUKIYA

製品説明

Combat preparation complete. Start your engines.

機体解説

「我が剣はSANATを護るために……」
クイーンズガードとは、アグニレイジと同じく機体色を紅く染め抜いたイグナイト・スパルタンの異種である。
SANATが直接開発に関与したというこの特殊なイグナイト・スパルタンには他には無い独自の装備が与えられ、通常のヴァリアントフォースとは独立した部隊にのみ配備される。
それはSANATを守る護衛騎士団である。

彼らは代行者によって運営されるMSG及びヴァリアントフォースの中で、SANATが直接運用できるかけがえのない駒である 。様々な地域で活動するエクスパンダーやハイドストームとは違い、ジェネレーターシャフト近傍に常時展開する近衛であり、一帯を厳重な監視下に置いている。部隊の内情は不明であるが、正面戦力は全て同色に塗装されたボルトレックス・ラースやジーク・スプリンガーに騎乗するクイーンズガードによって固められている。また、ジェネレーターシャフトを直掩するアグニレイジの中には彼らが搭乗している機体も多数目撃されており、この事からエクスパンダーを使用する情報体がクイーンズガードに移行 、またその逆も有り得るのではないかと噂されている 。

機体はイグナイト・スパルタンとほぼ同型であるが、飛行型ヘキサギアへの搭乗も意識した流線型の頭部を持つ。背部のユニバーサルアームには巨大なクリミナルバスターを装備し、これは歩行戦よりもむしろヘキサギア搭乗時に主砲となることを想定したものである。
赤い碑晶質で作られたジャックブレードはハイドストームのVICブレードに似た機能を持ち、攻撃した対象を強制停止させることができる。 大楯には同色の碑晶質に守られたSANATの紋章盤が嵌め込まれ、高度な外部演算装置として機能している。
これらクイーンズガードの装備にはMSG内でも機密が多く、戦場に遺棄される残骸は全て彼ら自身によって復元不可能な処理がなされるという。

彼らは自らをただクイーンズガードとのみ名乗る。
故にクイーンズガードとは彼自身のことであり、彼とは護衛騎士団“クイーンズガード”である。

搭載武器

  • クリミナルバスター(大型ランチャー)
  • ジャックブレード
  • ビヨンド(シールド)
  • ユニバーサルアーム

商品仕様

  • イグナイト・スパルタンの一部パーツを新規デザインにしたバリエーションキットです。大型の武装を保持できるようになった股関節構造や首の前後可動、足首の軸関節構造などウォーメイジなどの関節構造を取り入れたハイブリッドな仕上がりとなっています。
  • 背部ユニバーサルアームは片側8か所が可動することで様々な表情付けが可能です。
  • 特徴的な大型の砲「クリミナルバスター」は中央部で折りたたむことが可能。グリップ部分は軸可動とボールジョイントを備え遊びやすい設計になっています。
  • クリミナルバスターは砲身部にフライングベースなどで支えるためのアタッチメントを取り付けることが可能。ベースを併用することでアクロバティックなポージングでディスプレイすることができます。
  • 大型の盾「ビヨンド」中央には劇中で印象的な「SANAT」の紋章が配置されており抜群の存在感を誇ります。
  • 剣用持ち手が新規造形で付属するのでジャックブレードを美しく構えることができます。
  • 付属のジャックブレードはクリアーレッドで成型されており大腿部のハードポイントなど3mm穴のある箇所に取り付け可能です。
  • シールドマウント用のアタッチメントを前腕部に装着することで様々なパーツを取り付けることができます。
  • 成型色はレッド・ダークグレー・ブラック・クリアーレッドの4色成型となります。

付属品

  • クイーンズガード本体×1セット
  • 手首4種(左右分)各1セット
  • クリミナルバスター×1
  • ビヨンド×1
  • ジャックブレード×1
  • ユニバーサルアーム×1
  • シールドマウント用アタッチメント×2
  • PVC製ヘキサグラム×1
  • アーカイブカード×1

※画像は試作品です。実際の商品とは多少異なる場合がございます。また撮影用に塗装されております。

KOTOBUKIUYA ONLINE SHOP
PRODUCT一覧へ戻る